万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2019-05-03から1日間の記事一覧

「大和」は平和をたたえた当て字で「やまと」は「山処(やまと)」すなわち、山のあるところという意味だそうだ(万葉歌碑を訪ねて―その65―)

●奈良県桜井市桧原井寺池畔には、柿本人麻呂2つ、天智天皇、作者未詳の計4つの万葉歌碑がある。古事記の倭建命の歌碑もある。今日は作者未詳の歌碑の紹介である。 ●サンドイッチは、サニーレタスと焼き豚。ご近所さんからいただいた野菜を添えてみた。大き…