万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2019-06-13から1日間の記事一覧

「天の原ふりさけ見れば」の歌い出しの歌は万葉集には四首収録されている(万葉歌碑を訪ねて―その108―)

●間人宿祢大浦の歌は万葉集に二首収録されている。巻三 二八九歌の歌いだしは「 天の原ふりさけ見れば」である。阿倍仲麻呂の「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の歌が有名であるが、古今和歌集の歌である。万葉集には、この歌い出しの…