万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2020-04-01から1日間の記事一覧

万葉歌碑を訪ねて(その446)―五條市岡町 荒坂峠―万葉集 巻一 四

●歌は、「たまきはる宇智の大野に馬並めて朝踏ますらむその草深野」である。 五條市岡町 荒坂峠万葉歌碑(間人連老) ●歌碑は、五條市岡町 荒坂峠にある。 ●歌をみていこう。 ◆玉剋春 内乃大野尓 馬數而 朝布麻須等六 其草深野 (間人連老 巻一 四) ≪書き下…