万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2021-10-27から1日間の記事一覧

万葉歌碑を訪ねて(その1213)―加古川市稲美町 中央公園万葉の森(11)―万葉集 巻二十 四四五五

●歌は、「あかねさす昼は田賜びてのぬばたまの夜のいとまに摘める芹これ」である。 加古川市稲美町 中央公園万葉の森(11)万葉陶板歌碑(葛城王) ●万葉陶板歌碑は、加古川市稲美町 中央公園万葉の森(11)にある。 ●歌をみていこう。 題詞は、「天平元…