万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉の時代に梅が中国から輸入され、当時の貴族たちがこぞって梅を自分の庭に植えたので、宴会などでの歌の素材にもってこいであったのだろう(万葉歌碑を訪ねて―その124の3―)

●梅は万葉集の中で約一二〇首歌われている。桜などに較べて山野の梅が歌われることはまれで、そのほとんどが庭に咲く梅である。飛鳥・藤原の時代には、梅の歌はまず歌われていない。一二〇首もの梅の歌は、そのほとんどが平城京へ遷都して後の歌である。万葉の時代に梅が中国から輸入され、当時の貴族たちがこぞって梅を自分の庭に植えたからであろう。」庭木である梅は、宴会の時などには歌の素材としてもってこいであった。(ブログ拙稿「ザ・モーニングセット190209万葉の小径シリーズーその31うめ」参照)

 

●サンドイッチは、ロメインレタスと焼き豚である。デザートは、りんごの縦切りを横に並べ、真ん中に十字状に立ててみた。周囲をバナナ、ブドウで加飾、干しぶどうも使った。オブジェとして昨日明日香村で買って来たズッキーニを添えた。ズッキーニはかぼちゃの一種である。これまでズッキーニと言えばきゅうりの太いものというか緑色の細手の茄子の形をしたものと思っていたが、検索してみるといろいろな形があるようである。それにしても自然はアーチストなんだと感服。

f:id:tom101010:20190701221928j:plain

7月1日のザ・モーニングセット

f:id:tom101010:20190701222013j:plain

7月1日のフルーツフルデザート

 

●万葉歌碑を訪ねて―その124の3―

今回も、筑紫歌壇梅花宴の続きの歌(八二二~八二八)をみていこう。

 

 

◆阿乎夜奈義  烏梅等能波奈乎  遠理可射之  能弥弖能々知波  知利奴得母與斯  [笠沙弥]

 

 

≪書き下し≫青柳(あをやなぎ)梅との花を折りかざし飲みての後(のち)は散りぬとも良し  [笠沙弥(かさのさみ)]

               (笠沙弥 巻八 八二一)

 

(訳)青柳に梅の花を手折りかざして、相ともに飲んだその後なら、散ってしまってもかまわない。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

 

■笠沙弥:笠朝臣麻呂(かさのあそみまろ)。出家して満誓と号。万葉集には、沙弥満誓、造筑紫観音寺別当(ざうつくしくわんおんじのべつたう)、造筑紫観世音寺別当(ざうつくしくわんぜおんじのべつたう)、満誓沙弥の呼称で九首が収録されている。

 

 

◆和何則能尓  宇米能波奈知流  比佐可多能  阿米欲里由吉能  那何列久流加母  [主人]

               (大伴旅人 巻八 八二二)

 

奈良県橿原市南浦町万葉の森の歌碑の歌であり、「万葉歌碑を訪ねて―その124の1―」でとりあげているので、ここでは省略する。

 

 

◆烏梅能波奈  知良久波伊豆久  志可須我尓  許能紀能夜麻尓  由企波布理都々 

 [大監伴氏百代]

              (伴氏百代 巻八 八二三)

 

≪書き下し≫梅の花散らくはいづくしかすがにこの城(き)の山に雪は降りつつ [大監(だいげん)伴氏百代(ばんじのももよ)]

 

(訳)梅の花が雪のように散るというのはどこなのでしょう。そうは申しますものの、この城の山にはまだ雪が降っています。その散る花はあの雪なのですね。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

(注)城の山:大野山

(注)大監(だいげん):〘名〙 大宰府の判官のうちの上位の二人。正六位下相当。

下に少監がある。

※令義解(718)職員「大監二人。〈掌下糾二判府内一。審二署文案一。

勾二稽失一。察中非違上〉」(コトバンク 精選版日本国語大辞典より)

 

■伴氏百代:大伴宿祢百代(おほとものすくねももよ)。万葉集には、七首収録されている。

 

 

◆烏梅乃波奈  知良麻久怨之美  和我曽乃々  多氣乃波也之尓  于具比須奈久母

  [小監阿氏奥嶋]

              (阿氏奥嶋 巻八 八二四)

 

≪書き下し≫梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林にうぐひす鳴くも [少監(せうげん)阿氏奥嶋(あじのおきしま)]

 

(訳)梅の花の散るのを惜しんで、この我らが園の竹の林で、鴬(うぐいす)がしきりに鳴いている。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

(注)少監:〘名〙 令制の官職で、大宰府の第三等官(判官(じょう))のうち下位の職。大監(だいげん)と同じく、治安の監督をし、文書の起草などをつかさどった。定員二名。従六位上に相当。

※令義解(718)職員「少監二人。〈掌同二大監一〉」

 

 

◆烏梅能波奈  佐岐多流曽能々  阿遠夜疑遠  加豆良尓志都々  阿素▼久良佐奈  [小監土氏百村]               ▼「田+比」=び

                (土氏百村 巻八 八二五)

 

≪書き下し≫梅の花咲きたる園の青柳をかづらにしつつ遊び暮らさな  [小監(せうげん)土氏百村(とじのももむら)] 

 

(訳)梅の花の咲いているこの園の青柳、この青柳を縵(かづら)にしながら、今日一日を楽しく遊びくらそうよ。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

 

■土氏百村:土師宿祢百村とすれば養老五年(七二一年)退朝の後東宮に侍す。万葉集にはこの歌のみ収録されている。

 

 

◆有知奈▼久  波流能也奈宜等  和我夜度能  烏梅能波奈等遠  伊可尓可和可武   [大典史氏大原]                ▼「田+比」=び

                 (史氏大原 巻八 八二六)

 

≪書き下し≫うち靡(なび)く春の柳と我がやどの梅の花とをいかにか分(わ)かむ  [大典(だいてん)史氏大原(しじのおほはら)]

 

(訳)しなやかな春の柳とこの我らの庭前の梅の花の趣と、その優劣をそうして分けられようぞ。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

(注)大典:律令制で、大宰府の主典(さかん)で少典の上に位するもの。(コトバンク デジタル大辞泉より)

 

■史氏大原:伝未詳。万葉集にはこの一首のみ収録されている。

 

 

◆波流佐礼婆  許奴礼我久利弖  宇具比須曽  奈岐弖伊奴奈流  烏梅我志豆延尓  [小典山氏若麻呂]

                 (山氏若麻呂 巻八 八二七)

 

≪書き下し≫春されば木末隠(こぬれがく)りてうぐひすぞ鳴きて去(い)ぬなる梅が下枝(しづえ)に  [少典(せうてん)山氏若麻呂(さんじのわかまろ)]

 

(訳)春がやってくると、梢がくれに鴬が鳴いては飛び移って行く。枝の下枝あたりに。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

(注)少典:律令制で、大宰府の主典(さかん)で大典(たいてん)の下に位するもの。

コトバンク デジタル大辞泉

 

■山氏若麻呂:山口忌寸若麻呂(やまぐちのいみきわかまろ) 万葉集には二首(巻四 五六七・巻八 八二七)が収録されている。

 

 

◆比等期等尓  乎理加射之都ゝ  阿蘇倍等母  伊夜米豆良之岐  烏梅能波奈加母  [大判事丹氏麻呂]

             (丹氏麻呂 巻八 八二八)

 

≪書き下し≫人ことに折りかざしつつ遊べどもいやめづらしき梅の花かも  [大判事(だいはんじ)丹氏麻呂(たんじのまろ)]

 

(訳)人それぞれに手折りかざして賞(め)で遊ぶけれども、ますます心ひかれる花だ、この梅の花は。(伊藤 博 著 「万葉集 一」角川ソフィア文庫より)

(注)大判事:律令制で、刑部(ぎょうぶ)省や大宰府の上級の判事。

中判事の上(コトバンク デジタル大辞泉より)

 

■丹氏麻呂:伝未詳。万葉集にはこの一首のみ収録されている

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 一」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「別冊國文學 万葉集必携」 稲岡耕二 (學燈社

★「かしはら探訪ナビ」(橿原市HP)

★「 コトバンク デジタル大辞泉

★「コトバンク 精選版日本国語大辞典