万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その906)―滋賀県近江市の山部神社の赤人の歌碑は明治十二年に建てられた

●歌は、「春の野にすみれ摘みにと来しわれぞ野をなつかしみ一夜寝にける」である。

 

f:id:tom101010:20210206142352j:plain

太宰府メモリアルパーク(7)万葉歌碑(山部赤人

●歌碑は、太宰府市大佐野 太宰府メモリアルパーク(7)にある。

 

●歌をみてみよう。

                             

◆春野尓 須美礼採尓等 來師吾曽 野乎奈都可之美 一夜宿二来

               (山部赤人 巻八 一四二四)

 

≪書き下し≫春の野にすみれ摘(つ)みにと来(こ)しわれぞ野をなつかしみ一夜寝(ね)にける

 

(訳)春の野に、すみれを摘もうとやってきた私は、その野の美しさに心引かれて、つい一夜を明かしてしまった。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

(注)なつかし【懐かし】形容詞:①心が引かれる。親しみが持てる。好ましい。なじみやすい。②思い出に心引かれる。昔が思い出されて慕わしい。(weblio古語辞典 学研全訳古語辞典)

 

 題詞は、「山部宿祢赤人歌四首」<山部宿禰赤人が歌四首>である。

 この歌ならびに他の三首は、ブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その417)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 滋賀県東近江市麻生町は、山部赤人が生涯を閉じた地と言われ、山部神社と赤人寺(しゃくにんじ)が隣接して建っている。神社の境内には、この一四二四歌の歌碑があるが、これは明治十二年に建てられたものであるという。

 

 中西 進氏は、その著「万葉の心」(毎日新聞社)のなかで、この歌に関して「赤人は『なつかし』さゆえに野に一夜をあかす。これが万葉びとの詩のありかた(後略)」と書かれている。さらに「ぼう大な草木の歌が万葉集に歌われるのも、こうした自然との交感の中で、彼らの心が豊かだったからである。」と書いておられる。

 

題詞「山部宿祢赤人歌四首」の他の三首については、ブログ拙稿「ザ・モーニングセット&フルーツフルデザート190321(万葉歌碑を訪ねて―その17―)」で紹介している。

初めの方のブログであるので朝食のサンドイッチやデザートを中心においていたので、それらの写真が掲載されていますが、お許しください。

➡ こちら 17

 

 

 万葉集には、「すみれ」を詠んだ歌が四首収録されている。他の三首をみてみよう。

 

 題詞は、「高田女王歌一首 高安之女也」<高田女王(たかたのおほきみ)が歌一首 高安が女(むすめ)なり」

 

◆山振之 咲有野邊乃 都保須美礼 此春之雨尓 盛奈理鶏利

                (高田女王 巻八 一四四四)

 

≪書き下し≫山吹(やまぶき)の咲きたる野辺(のへ)のつほすみれこの春の雨に盛(さか)りなりけり

 

(訳)山吹の咲いている野辺のつぼすみれ、このすみれは、この春の雨に逢って、今が真っ盛りだ。(同上)

 

 

 題詞は、「大伴田村家毛大嬢與妹坂上大嬢歌一首」<「大伴(おほとも)の田村家(たむらのいへ)の大嬢(おほいらつめ)、妹(いもひと)坂上大嬢に与ふる歌一首>である。

(注)田村大嬢、坂上大嬢については、七五九歌の左注に書かれている。これをみてみよう。

「右、田村大嬢、坂上大嬢は、ともにこれ、右大弁(うだいべん)大伴宿奈麻呂卿(おほとものすくなまろのまへつきみ)が女(むすめ)なり。卿、田村の里に居(を)れば、号(なづ)けて田村大嬢といふ。ただし妹(いもひと)坂上大嬢は、母、坂上の里に居る。よりて坂上大嬢といふ。時に姉妹、諮問(とぶら)ふに歌をもちて贈答す。」

(注の注)大伴宿奈麻呂大伴安麻呂の三男である。坂上大嬢の母は、大伴坂上郎女である。

 

 

◆茅花抜 淺茅之原乃 都保須美礼 今盛有 吾戀苦波

                (田村大嬢 巻八 一四四九)

 

≪書き下し≫茅花(つばな)抜く浅茅(あさじ)が原(はら)のつほすみれ今盛(さか)りなり我(あ)が恋ふらくは

 

(訳)茅花を抜き取る浅茅が原に生えているつぼすみれ、そのすみれのように今真っ盛りです。私があなたに恋い焦がれる気持ちは。(同上)

(注)つばな【茅花】名詞:ちがやの花。ちがや。つぼみを食用とした。「ちばな」とも。(学研)

 

 

 

◆・・・春野尓 須美礼乎都牟等 之路多倍乃 蘇泥乎利可敝之 久礼奈為能 安可毛須蘇▼伎 乎登賣良波・・・

               (大伴池主 巻十七 三九七三)

  • 「女(女偏)+比」→「須蘇▼伎」=「すそびき」

 

≪書き下し≫・・・春の野に すみれを摘むと 白栲(しろたへ)の 袖折り返し 紅(くれない)の 赤裳(あかも)裾(すそ)引き 娘子(をとめ)らは・・・

 

(訳)・・・その春の野で菫(すみれ)を摘むとて、まっ白な袖を折り返し、色鮮やかな赤裳の裾を引きながら、娘子たちは・・・(「万葉集 四」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

 

 この三九七三歌は、家持が越中に赴任した翌年の二月下旬、病床に伏した時に池主との間で贈答された歌の一首である。やりとりは次の通りである。いずれも手紙文が添えられている。

 二月二〇日 家持→池主 巻十七 三九六二歌(長歌)、三九六三、三九六四歌(短歌)

 二月二九日 家持→池主 巻十七 三九六五、三九六六歌(短歌)

 三月 二日 池主→家持 巻十七 三九六七、三九六八歌(短歌)

 三月 三日 家持→池主 巻十七 三九七〇、三九七一、三九七二歌(短歌)

三月 四日 池主→家持 七言詩

三月 五日 池主→家持 巻十七 三九七三歌(長歌)、三九七四、三九七五歌(短歌)

三月 五日 家持→池主 巻十七 三九七六、三九七七歌(短歌) 

 

 越中で初めての冬に病に倒れ「枉疾(わうしつ)に沈み、ほとほとに泉路(せんろ)に臨む」ほど心細い家持を、池主の励ましはどれほどの心の支えになったことであろうか。

(注)枉疾:よこしまな病気

 

 この後も、池主とは歌の贈答があり、家持の作歌への考え方等へ大きな影響を与えたのである。しかし、池主とは、橘奈良麻呂の変を機に決別の道を選ばざるをえなかったのである。

 家持は、藤原仲麻呂に対する決定的な対立の道を選択しなかったのである。池主は連座したとして捕えられている。なお、池主は大伴氏一族であるが、現存する「大伴系図」には見えないのである。

 藤井一二氏は、その著「大伴家持 波乱にみちた万葉歌人の生涯」(中公新書)のなかで

「二〇代初めに従七位下の官位をもつことから、蔭位の規定によると従四位の父の庶子か、あるいは天平一〇年以前に正八位上を歴任したのであれば、正五位または従五位を父とする嫡子か庶子であったことになる。ここで想起するのは、家持よりやや年長の「従兄」として、それは旅人の弟ら、家持にとっては叔父たちの庶子であった可能性である。私は池主を田主(たぬし)の庶子とみている。」と推論されている。

 

 「すみれ」から大伴氏一族にここまで深堀できるのも、万葉集が家持の編になるが故であろう。

 

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 二」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉集 四」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉の人びと」 犬養 孝 著 (新潮文庫

★「万葉の心」 中西 進 著 (毎日新聞社

★「大伴家持 波乱にみちた万葉歌人の生涯」 藤井一二 著 (中公新書

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「太宰府万葉歌碑めぐり」 (太宰府市

★「天空の楽園 太宰府メモリアルパーク『万葉歌碑めぐり』太宰府悠久の歌碑・句碑」 (太宰府メモリアルパーク