万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その1314)―島根県益田市 県立万葉植物園(P25)―万葉集 巻七 一二七二

●歌は、「大刀の後鞘に入野に葛引く我妹 真袖に着せてむとかも夏草刈るも」である。

f:id:tom101010:20220103211536j:plain

島根県益田市 県立万葉植物園(P25)万葉歌碑<プレート>(柿本人麻呂歌集)

●歌碑(プレート)は、島根県益田市 県立万葉植物園(P25)にある。

 

●歌をみていこう。

 

部立、「旋頭歌」である。

 

◆劔後 鞘納野 葛引吾妹 真袖以 著點等鴨 夏草苅母

       (柿本人麻呂歌集 巻七 一二七二)

 

≪書き下し≫大刀の後(しり)鞘(さや)に入野(いりの)に葛(くず)引く我妹(わぎも)真袖(まそで)に着せてむとかも夏草刈るも

 

(訳)大刀の鋒先(きっさき)を鞘に納め入れる、その入野(いりの)で葛を引きたぐっている娘さんよ。この私に両袖までついた葛の着物を着せたいと思って、せっせと周りの夏草まで刈っているのかな。(「万葉集 二」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)「大刀の後鞘に」が序。「入野」を起こす。

(注)いりの【入野】〔名〕 入り込んで奥深い野。(weblio辞書 精選版 日本国語大辞典

(注)くず【葛】名詞:「秋の七草」の一つ。つる草で、葉裏が白く、花は紅紫色。根から葛粉(くずこ)をとり、つるで器具を編み、茎の繊維で葛布(くずふ)を織る。[季語] 秋。 ⇒参考 『万葉集』ではつるが地を這(は)うようすが多く詠まれる。『古今和歌集』以後は、葛が風にひるがえって白い葉裏を見せる「裏見(うらみ)」を「恨み」に掛けることが多い。(weblio古語辞典 学研全訳古語辞典)

(注)まそで【真袖】:左右の袖。両袖。(weblio辞書 デジタル大辞泉

 

 旋頭歌を調べてみよう。

 旋頭歌(せどうか)については、「頭(こうべ)を旋(めぐ)らす歌、あるいは、頭に旋る歌、の意か。五七七、五七七の六句形式の歌の称。・・・五七七を繰り返すことから「旋頭」と称したと考えられる。・・・ 旋頭歌は、『万葉集』中の存在状況として、作者分明のものでは柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)以前にはみず、・・・『人麻呂歌集』に過半数が集中するという偏在からも、一般的な歌謡形式とは認めがたい。三句プラス三句という二段構造を強く保持していて、唱(うた)われる形であることは確かであるが、それは唱和の形式(とくに短歌を本末で唱和する形)を利用したものとして考えられる。その成立には人麻呂の関与が大きいと思われる。[神野志隆光](コトバンク 小学館 日本大百科全書<ニッポニカ>)と書かれている。

 

 万葉集には、旋頭歌は六十二首収録されており、内三十五首が柿本人麻呂歌集、六首が古歌集の歌である。作者分明歌は七首、作者未詳歌が十四首となっている。(作者未詳歌には、元興寺の僧、遣新羅使人等も含む)

 

 作者分明歌をみてみよう。

 

 最初は、大伴坂上郎女の歌である。

 

題詞は、「又大伴坂上郎女歌一首」<また大伴坂上郎女が歌一首>である。

 

◆佐保河乃 涯之官能 少歴木莫苅焉 在乍毛 張之来者 立隠金

        (大伴坂上郎女 巻四 五二九)

 

≪書き下し≫佐保川の岸のつかさの柴な刈りそね ありつつも春し来(きた)らば立ち隠(かく)るがね

 

(訳)佐保川の川っぷちの崖(がけ)の高みに生えている雑木、その木を刈り取らないでおくれ。ずっとそのままにしておいて、春がやってきて枝葉が茂ったら、そこに隠れてもっとあの人に逢うために。(「万葉集 一」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)きしのつかさ【岸の司】:(ツカサは土の盛り上がった所)川岸の小高い所。(広辞苑無料検索)

(注)ありつつも【在りつつも】[連語]:いつも変わらず。このままでずっと(weblio辞書 デジタル大辞泉

(注)たちかくる【立ち隠る】自動詞:隠れる。 ※「たち」は接頭語。(学研)

 

 

 山上憶良の「秋の七種」の歌である。

 

◆芽之花 乎花葛花 瞿麦之花 姫部志 又藤袴 朝▼之花

    (山上憶良 巻八 一五三八)

   ▼は「白」の下に「八」と書く。「朝+『白』の下に『八』」=「朝顔

 

≪書き下し≫萩の花 尾花(をばな) 葛花(くずはな) なでしこの花 をみなへし また藤袴(ふぢはかま) 朝顔の花

 

(訳)一つ萩の花、二つ尾花、三つに葛の花、四つになでしこの花、うんさよう、五つにおみなえし。ほら、それにまだあるぞ、六つ藤袴、七つ朝顔の花。うんさよう、これが秋の七種の花なのさ。(伊藤 博著「萬葉集 二」角川ソフィア文庫より)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1083)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

題詞は、「藤原朝臣八束歌一首」<藤原朝臣八束(やつか)が歌一首>である。

 

◆棹四香能 芽二貫置有 露之白珠 相佐和仁 誰人可毛 手尓将巻知布

      (藤原八束 巻八 一五四七)

 

≪書き下し≫さを鹿(しか)の萩(はぎ)に貫(ぬ)き置ける露の白玉(しらたま) あふさわに誰(た)れの人かも手に巻かむちふ

 

(訳)雄鹿が萩の枝に貫いておいた露の白玉。それをまあ軽はずみに、いったいどこのどなたが手に巻こうなどと言うのか。(同上)

(注)露の白玉:萩の枝の露を鹿が妻のために貫いた飾玉と見たもの。(伊藤脚注)

(注)あふさわに 副詞:すぐに。(学研)

(注)ちふ 分類連語:…という。 ⇒参考 「といふ」の変化した語。上代には「とふ」の形も用いられ、中古以後は、「てふ」が用いられる。(学研)

 

 

題詞は、「典鑄正紀朝臣鹿人至衛門大尉大伴宿祢稲公跡見庄作歌一首」<典鑄正(てんちうのかみ)紀朝臣鹿人(きのあそみかひと)、衛門大尉(ゑもんのだいじよう)大伴宿禰稲公(いなきみ)が跡見(とみ)の庄(たどころ)に至りて作る歌一首>である。

(注)典鑄正:典鑄司(金属製品・玉製品・ガラスや瑠璃製品や鋳造品などの製作をつかさどる)の長官。正六位上相当。

(注)衛門大尉:衛門府(古代,禁中の守衛,諸門の開閉などを司った役所)の三等官。従六位下相当

 

 

◆射目立而 跡見乃岳邊之 瞿麦花 總手折 吾者将去 寧樂人之為

      (紀鹿人 巻八 一五四九)

 

≪書き下し≫射目(いめ)立てて跡見(とみ)の岡辺(をかへ)のなでしこの花 ふさ手折(たを)り我れは持ちて行く奈良人(ならひと)のため

 

(訳)跡見の岡辺に咲いているなでしこの花。この花をどっさり手折って私は持ち帰ろうと思います。奈良で待つ人のために。(同上)

(注)いめたてて【射目立てて】分類枕詞:射目(いめ)に隠れて、動物の足跡を調べることから「跡見(とみ)」にかかる。(学研)

(注)とみ【跡見】:狩猟の時、鳥や獣の通った跡を見つけて、その行方を推しはかること。また、その役の人。(学研)

(注)ふさ手折る:ふさふさと折り取って。(伊藤脚注)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その101改)で紹介している。(初期のブログであるのでタイトル写真には朝食の写真が掲載されていますが、「改」では、朝食の写真ならびに関連記事を削除し、一部改訂いたしております。ご容赦ください。)

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

◆高圓之 秋野上乃 瞿麦之花 丁壮香見 人之挿頭師 瞿麦之花

      (丹生女王  巻八  一六一〇)

 

≪書き下し≫高円(たかまと)の秋野(あきの)の上(うへ)のなでしこの花 うら若み人のかざししなでしこの花

 

(訳)高円の秋野のあちこちに咲くなでしこの花よ。その初々しさゆえに、あなたが、挿頭(かざし)に賞(め)でたこの花よ。(同上)

(注)うらわかし【うら若し】形容詞:①木の枝先が若くてみずみずしい。②若くて、ういういしい。 ⇒参考 「うら若み」は、形容詞の語幹に接尾語「み」が付いて、原因・理由を表す用法。(学研)

(注の注)うら- 接頭語:〔多く形容詞や形容詞の語幹に付けて〕心の中で。心から。何となく。「うら悲し」「うら寂し」「うら恋し」(学研)

 

 題詞は、「丹生女王贈大宰帥大伴卿歌一首」<丹生女王(にふのおほきみ)大宰帥(だざいのそち)大伴卿に贈る歌一首>である。

(注)大宰帥大伴卿:大伴旅人

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その18改)」で紹介している。(初期のブログであるのでタイトル写真には朝食の写真が掲載されていますが、「改」では、朝食の写真ならびに関連記事を削除し、一部改訂いたしております。ご容赦ください。)

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

題詞は、「見武蔵小埼沼鴨作歌一首」<武蔵(むざし)の小埼(をさき)の沼(ぬま)の鴨(かも)を見て作る歌一首>である。

 

◆前玉之 小埼乃沼尓 鴨曽翼霧 己尾尓 零置流霜乎 掃等尓有斯

       (高橋虫麻呂 巻九 一七四四)

 

≪書き下し≫埼玉(さきたま)の小埼の沼に鴨ぞ翼霧(はねき)る おのが尾に降り置ける霜を掃(はら)ふとにあらし

 

(訳)埼玉の小埼の沼で鴨が羽ばたきをしてしぶきを飛ばしている。自分の尾に降り置いた霜を掃いのけようとするのであるらしい。(同上)

(注)小埼の沼:今の埼玉県行田市南東部の沼

(注)翼霧る:羽ばたいてしぶきを散らす。

(注)あらし 分類連語:あるらしい。あるにちがいない。 ⇒なりたち ラ変動詞「あり」の連体形+推量の助動詞「らし」からなる「あるらし」が変化した形。ラ変動詞「あり」が形容詞化した形とする説もある。(学研)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1150)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

題詞「能登郡従香嶋津發船射熊来村徃時作歌二首」<能登(のと)の郡(こほり)にして香島(かしま)の津より舟を発(いだ)し、熊来(くまき)の村(むら)をさして徃(ゆ)く時に作る歌二首>の一首である。

(注)能登の郡:石川県の七尾市鹿島郡の一帯。

(注)香島:七尾市東部の海岸

(注)熊来:七尾湾西岸の石川県七尾市中島町あたり。

 

◆登夫佐多氐 船木伎流等伊布 能登乃嶋山 今日見者 許太知之氣思物 伊久代神備曽

      (大伴家持 巻十七 四〇二六)

 

≪書き下し≫鳥総(とぶさ)立て舟木(ふなぎ)伐(き)るといふ能登(のと)の島山(しまやま) 今日(けふ)見れば木立(こだち)茂(しげ)しも幾代(いくよ)神(かむ)びぞ

 

(訳)鳥総を立てて祭りをしては船木を伐り出すという能登の島山、この島山を今日この目で見ると、木立が茂りに茂っている。幾代(いくよ)を経ての神々しさなのか。(「万葉集 四」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)とぶさ【鳥総】:木のこずえや、枝葉の茂った先の部分。昔、木を切ったあとに、山神を祭るためにその株などにこれを立てた。(学研)

(注)能登の島山:七尾湾中央の能登島

(注)神び:神々しさを発する意の動詞「神ぶ」の名詞形。(伊藤脚注)

 

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 一」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉集 二」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉集 四」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「weblio辞書 デジタル大辞泉

★「コトバンク 小学館 日本大百科全書<ニッポニカ>」

★「weblio辞書 精選版 日本国語大辞典