万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2019-05-10から1日間の記事一覧

「病足の川」は巻向川が穴師付近を流れる際の呼称であると考えられている(万葉歌碑を訪ねて―その72―)

●万葉集巻七に題詞「詠河」に二首がある。 一一〇〇:巻向之 病足之川由 往水之 絶事無 又反将見 一一〇一:黒玉之 夜去来者 巻向之 川音高之母 荒足鴨疾 「病足の川」(写本によっては、「痛足の川」)とは、巻向川が穴師付近を流れる際の呼称と考えられて…