万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2021-10-07から1日間の記事一覧

万葉歌碑を訪ねて(その1188、白浜番外)―白浜町フィッシャーマンズワーフ真白良媛像、有間皇子之碑―万葉集 巻一 一四一

―その1188― ●歌は、「岩代の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまた返り見む」である。 真白良媛の像真台座歌碑プレート(有間皇子) ●歌碑(プレート)は、フィッシャーマンズワーフに立つ真白良媛像の台座にある。 ●歌をみていこう。 ◆磐白乃 濱松之枝乎 …