万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その89改)―奈良市登美ヶ丘 松伯美術館―万葉集 巻八 一四四〇

●歌は、「春雨のしくしく降るに高円の山の桜はいかにかあるらむ」である。

 

f:id:tom101010:20190527002220j:plain

松伯美術館万葉歌碑(河邊朝臣東人)

●歌碑は、奈良市登美ヶ丘 松伯美術館にある。

 

●歌をみていこう。 

 

◆春雨乃 敷布零尓 高圓 山能櫻者 何如有良武

               (河邊朝臣東人 巻八 一四四〇)

 

≪書き下し≫春雨(はるさめ)のしくしく振るに高円の山の桜はいかにかあるらむ

 

(訳)春雨がしきりに降り続いている今頃、高円山の桜はどのようになっているのであろう。もう咲き出したであろうかな。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

(注)しくしく【頻頻】絶え間なく。しきりに。

 

 河邊朝臣東人(かはべのあそみあづまひと)の名前は、万葉集には、一五九四歌(唱歌)、四二二四歌(伝誦)、九七八歌左注、に出てくる。歌が収録されているのはこの一首だけである。

 

 一五九四歌をみていこう。

◆思具礼能雨 無間莫零 紅尓 丹保敝流山之 落葉惜毛

               (作者未詳 巻八 一五九四)

 

≪書き下し≫しぐれの雨間(ま)なく振りそ紅(くれない)ににほえる山の散らまく惜しも

(訳)しぐれの雨よ、そんなに絶え間なく降らないでおくれ。紅色に美しく照り映える山のもみじが散っていくのは、何とも残念でたまらない。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

 

 題詞は、「佛前唱歌(ぶつぜんのしゃうが)一首」である。

 左注は、「右冬十月皇后宮之維摩講 終日供養大唐高麗等種ゝ音樂 尓乃唱此歌詞 彈琴者敝市原王 忍坂王後賜姓大原真人赤麻呂也 歌子者田口朝臣家守 河邊朝臣東人 置始連長谷等十數人也」<右は、冬の十月に、皇后宮(きさきのみや)の維摩講(ゆいまかう)に、終日(ひねもす)に大唐(からくに)・高麗(こま)等の種々(くさぐさ)の音楽を供養し、すなわちこの歌詞を唱(うた)ふ。弾琴(ことひき)は市原王(いちはらのおほきみ)・忍坂王(おさかのおほきみ)後に姓大原真人赤麻呂を賜はる、歌子(うたひと)は田口朝臣家守(たのくちあそみやかもり)・河辺朝臣東人(かはへのあそみあづまひと)・置始連長谷(おきそめのむらじはつせ)等(たち)十数人なり。> 

 

 四二二四歌をみていこう。

◆朝霧之 多奈引田為尓 鳴鴈乎 留得哉 吾屋戸能波義

                  (光明皇后 巻十九 四二二四)

 

≪書き下し≫朝霧のたなびく田居(たゐ)に鳴く雁を留め得むかも我がやどの萩

(訳)朝霧のたなびく田んぼに来て鳴く雁、その雁を引き留めておくことができるだろうか。我が家の庭の萩は。(伊藤 博 著 「万葉集 四」 角川ソフィア文庫より)

 

 左注は、「右一首歌者幸於芳野宮之時藤原皇后御作 但年月未審詳 十月五日河邊朝臣東人傳誦云尓」<右の一首の歌は、吉野の宮に幸(いでま)す時に、藤原皇后(ふぢはらのおほきさき)作らす、ただし、年月いまだ審詳(つばひ)らかにあらず。十月五日に、河辺朝臣東人、伝承(でんしょう)してしか云ふ。>

(注)伝承してしか云ふ:伝え吟誦してこういった

 

 九七八歌をみてみよう。

◆士也母 空應有 萬代尓 語續可 名者不立之而

                  (山上憶良 巻六 九七八)

 

≪書き下し≫士(をのこ)やも空しくあるべき万代(よろづよ)に語り継(つ)ぐべき名は立てずして

(訳)男子たる者、無為に世を過ごしてよいものか。万代までも語り継ぐに足る名というものを立てもせずに。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

 

 題詞は、「山上臣憶良沈痾之時歌一首」<山上臣憶良(やまのうへのおみおくら)、沈痾(ちんあ)の時の歌一首>

 左注は、「右一首山上憶良臣沈痾之時 藤原朝臣八束使河邊朝臣東人令問所疾之状 於是憶良臣報語已畢 有須拭涕悲嘆口吟此歌」<右の一首は、山上憶良の臣が沈痾(ちんあ)の時に、藤原朝臣八束(ふぢはらのあそみやつか)、河邊朝臣東人を使はして疾(や)める状(さま)を問はしむ。ここに、憶良臣、報(こた)ふる語已畢(こたばをは)る。しまらくありて、涕(なみだ)を拭(のご)ひ悲嘆(かな)しびて、この歌を口吟(うた)ふ>

 

 奈良市登美ヶ丘の松伯美術館入口近くに、上村松篁が揮毫した万葉歌碑が二つ並んで立っている。

 「春雨のしくしく降るに高円の山の桜はいかにかあるらむ」

               (河邊朝臣東人  巻八  一四四〇 )
 「山吹の咲きたる野辺のつほすみれこの春の雨に盛なりけり」
               (高田女王  巻八 一四四四 )

f:id:tom101010:20190527001948j:plain

松伯美術館入口奥にある万葉歌碑(河邊朝臣東人と高田女王)

 

 高田女王の「 巻八 一四四四歌」についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その90改)」で紹介している。(初期のブログであるのでタイトル写真には朝食の写真が掲載されていますが、「改」では、朝食の写真ならびに関連記事を削除し、一部改訂しております。ご容赦下さい。)

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 二、四」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「別冊國文學 万葉集必携」 稲岡耕二 編 (學燈社

★「万葉ゆかりの地を訪ねて~万葉歌碑めぐり~」(奈良市HP)

★「weblio古語辞書」

 

20210909朝食関連記事削除、一部改訂