万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その1111)―奈良市春日野町 春日大社神苑萬葉植物園(71)―万葉集 巻十一 二七七一

●歌は、「我妹子が袖を頼みて真野の浦の小菅の笠を着ずて来にけり」である。

 

f:id:tom101010:20210725121416j:plain

奈良市春日野町 春日大社神苑萬葉植物園(71)万葉歌碑<プレート>(作者未詳)

●歌碑(プレート)は、奈良市春日野町 春日大社神苑萬葉植物園(71)にある。

 

●歌をみていこう。

 

◆吾妹子之 袖乎憑而 真野浦之 小菅乃笠乎 不著而来二来有

                  (作者未詳 巻十一 二七七一)

 

≪書き下し≫我妹子(わぎもこ)が袖(そで)を頼みて真野(まの)の浦の小菅(こすげ)の笠を着ずて来にけり

 

(訳)かわいいお前さんの袖をあてにして、真野の浦の小菅で編んだよい笠があるのに、かぶりもしないで一目散にやって来たんだよ。(「万葉集 三」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)袖を頼みて:袖を枕に共寝をする意をこめる。

(注)真野:兵庫県内と思われる

 

 「真野」を追って、みよう。

 

二七七二歌も「真野の池の小菅」と詠んでいるのでこちらもみてみよう。

 

◆真野池之 小菅乎笠尓 不縫為而 人之遠名乎 可立物可

                 (作者未詳 巻十一 二七七二)

 

≪書き下し≫真野の池の小菅(こすげ)を笠に縫(ぬ)はずして人の遠名(とほな)を立つべきものか

 

(訳)真野の池の小菅、その小菅を笠に編み上げもしないように、まだ関係が成り立ってもいないうちから、人の浮名を遠くまで広げるなんていうことがあってよいものか。(同上)

(注)縫う:契ることの譬え

(注)とほな【遠名】〘名〙:広く世間に知れわたっている名。遠くまで広まっている評判。(コトバンク 精選版 日本国語大辞典

 

 

「真野」については、高市黒人の二八〇歌ならびに黒人の妻の二八一歌に見られる。

 

 題詞は、「高市連黒人歌二首」<高市連黒人(たけちのむらじくろひと)が歌二首>である。

 

◆去来兒等 倭部早 白菅乃 真野乃榛原 手折而将歸

               (高市黒人 巻三 二八〇)

 

≪書き下し≫いざ子ども大和(やまと)へ早く白菅(しらすげ)の真野(まの)の榛原(はりはら)手折(たお)りて行かむ

 

(訳)さあ皆の者よ、大和へ早く帰ろう。白菅の生い茂る真野の、この榛(はんのき)の林の小枝を手折って行こう。(「万葉集 一」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)いざこども…:「さあ、諸君。」 ※「子ども」は従者や舟子、場に居合わせた者らをさす。(weblio古語辞典 学研全訳古語辞典+加筆)

(注)しらすげの【白菅の】分類枕詞:白菅(=草の名)の名所であることから地名「真野(まの)」にかかる。(学研)

(注の注)しらすげ【白菅】:カヤツリグサ科の多年草。湿った林に生え、高さ30〜60センチ。地上茎は三角柱で、白みを帯びた葉をつける。夏、茎の頂に淡緑色の雄花の穂を、その下に数個の雌花の穂をつける。(weblio辞書 デジタル大辞泉

 

二八一歌の題詞は、「黒人妻答歌一首」<黒人が妻(め)の答ふる歌一首>である。この歌もみてみよう。

 

◆白菅乃 真野之榛原 徃左来左 君社見良目 真野乃榛原

                (黒人妻 巻三 二八一)

 

≪書き下し≫白菅の真野の榛原行(ゆ)くさ来(く)さ君こそ見らめ真野の榛原

 

(訳)白菅の生い茂る真野の榛の林、この林をあなたは往(ゆ)き来(き)にいつもご覧になっておられるのでしょう。けれど、私は初めてです、この美しい真野の榛原は。(同上)

(注)ゆくさくさ【行くさ来さ】分類連語:行くときと来るとき。往復。 ※「さ」は接尾語。(学研)

 

 この歌ならびに「白菅の真野の榛原」を詠んだ一三五四歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その788)」に紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

 地名「真野」を特定していくべく検索するもファインチューニングができない。

 

「地図に載らない文学館 ネットミュージアム兵庫文学館」のHPの「文学マップ 古典紹介」コンテンツ「万葉集」に、「兵庫県との関係」として下記の地名が次のようにあげられている。

「巻一に『印南国原』、巻三に『真野の榛原(はりはら)』『敏馬(みぬめ)』『敏馬の崎(みぬめのさき)』『猪名野(いなの)』『名次山(なすきやま)』『角の松原(つののまつばら)』『須磨の海人(あま)』『縄(那波)の浦』『藤江の浦』『印南の海』『淡路島』『明石の門(あかしのと)』『明石大門(あかしおおと)』『飼飯の海(けひのうみ)』『淡路の野島の崎』、巻四に『真野の浦』『真野の榛原』、巻六に『敏馬(みぬめ)の浦』『大輪田』『明石潟』『藤江の浦』『名寸隅(なきすみ)』『淡路島』『松帆の浦』「野島」、巻七に『猪名野』『印南野』『有馬山』『飾磨江』『日笠の浦』『明石の水門(あかしのみと)』『淡路島』、巻九に『菟原処女(うばらおとめ)』『芦屋処女(あしやおとめ)』『芦屋菟原処女(あしやのうばらのおとめ)』、巻十に『有馬菅(ありますげ)』、巻十一に『真野の浦』『真野の池』、巻十二に『淡路島』『松帆の浦』『名寸隅(なきすみ)』『船瀬の山』『室の浦』『鳴島(なきしま)』『飼飯(けひ)の浦』、巻十五に『印南つま』『飾磨川』、巻十六に『猪名川(ゐながは)』、巻十七に『須磨人(すまひと)』『淡路島門(しまと)』『角の松原』、巻二十『印南野』、などが見える。」

 

 「真野」は兵庫県内であることは間違いないようである。

 

 巻四 四九〇歌に「真野の浦」が詠まれている。こちらをみてみよう。

 

 

題詞は、「吹芡刀自歌二首」<吹芡刀自(ふきのとじ)が歌二首>である。

 

◆真野之浦乃 与騰乃継橋 情由毛 思哉妹之 伊目尓之所見

                 (吹芡刀自 巻四 四九〇)

 

≪書き下し≫真野(まの)の浦の淀(よど)の継橋(つぎはし)心ゆも思へや妹(いも)が夢(いめ)にし見ゆる

 

(訳)真野の浦の淀みにかかる継橋、その橋に切れ目がないように、切れ目なく心底私のことを思ってくださっているからなのか、あなたの顔が夢に見えます。(「万葉集 一」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)上二句は序。「継ぎて」の意を下三句に及ぼす。

(注)真野の浦:神戸市長田区の海岸

(注)つぎはし【継ぎ橋】名詞:水中に柱を立て、板を何枚か継いで渡した橋。(学研)

四九一歌もみてみよう。

 

◆河上乃 伊都藻之花乃 何時ゝゝ 来益我背子 時自異目八方

                  (吹芡刀自 巻四 四九一)

 

≪書き下し≫川の上(うへ)のいつ藻(も)の花のいつもいつも来ませ我が背子時じけめやも

 

(訳)川の水面に咲く厳藻(いつも)の花の名のように、夢といわず現実(うつつ)にいつもいつもおいでくださいな、あなた。私の方に折りが悪いなどということがあるものですか。(同上)

(注)上二句は序。同音で「いつも」を起こす。

(注)いつ藻:「イツ」讃美の接頭語。

(注)ときじ【時じ】形容詞:①時節外れだ。その時ではない。②時節にかかわりない。常にある。絶え間ない。 ⇒参考 上代語。「じ」は形容詞を作る接尾語で、打消の意味を持つ。(学研)

(注)めやも 分類連語:…だろうか、いや…ではないなあ。 ⇒なりたち 推量の助動詞「む」の已然形+反語の係助詞「や」+終助詞「も」(学研)

 

 「真野」は、今の兵庫県神戸市長田区真野町であろう。

いろいろ検索しているうちに、先達のブログに、平成二十二年三月に真野地区ゆかりの万葉歌碑として、高市黒人の二八〇歌の歌碑が、長田区東尻池町 尻池街園に建てられたと書かれているのを見つけた。

 機会を見つけて訪ねて行きたいものである。

 

 吹芡刀自の歌については、ブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その38改)」で紹介している。(初期のブログであるのでタイトル写真には朝食の写真が掲載されていますが、「改」では、朝食の写真ならびに関連記事を削除し、一部改訂しております。ご容赦下さい。)

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

 

 春日大社神苑萬葉植物園・植物解説板によると、「万葉名『すげ・すが』は『すがすがしい』が語源となったらしく、スゲ属の総称で種類も50種類を超える。現在では今日のスゲ属に当たるものかどうか、又、そのものも特定できないようだが、ある歌の中に『小菅(コスゲ)の笠』とあるので、笠に編まれる『笠菅(カサスゲ)』を代表として開設する。『笠菅(カサスゲ)』は水辺や湿地に群生する多年草で、昔は需要が多かったので水田でも栽培された。『蓑菅(ミノスゲ)』とも呼ばれる。茎は三角柱状でざらつき、1メートル程の高さになる。花は5~6月に茎の先に雄花穂が付きその下に雌花穂が2~3個斜めに付く。(後略)」と書かれている。

 

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 一」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉集 三」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「植物で見る万葉の世界」 國學院大學 萬葉の花の会 著 (同会 事務局)

★「春日大社神苑萬葉植物園・植物解説板」

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「weblio辞書 デジタル大辞泉

★「コトバンク 精選版 日本国語大辞典

★「文学マップ 古典紹介」コンテンツ「万葉集」 (地図に載らない文学館 ネットミュージアム兵庫文学館HP)