奈良県桜井市穴師に国技発祥の地「相撲神社」がある(万葉歌碑を訪ねて―その75,76―)

●5月12日から大相撲夏場所が始まった。奈良県桜井市穴師に国技発祥の地「相撲神社」がある。同神社内の説明案内板に、「相撲はもとは神の信仰から出て、国土安穏、五穀豊穣を祈る平和と繁栄の祭典であり、第十一代垂仁帝の七年、野見宿禰当麻蹶速が初めて天皇の前で相撲をとり相撲節(七月七日)となりそれがもとで後世、宮中の行事となった。」とある。相撲は、大兵主神社神域の小字カタヤケシにおいてとられたという。

 

●サンドイッチは、ロメインレタスとサンチュそして焼き豚である。ご近所さんからいただいた玉ねぎをオブジェとして飾った。デザートはりんごの飾り切を中心にバナナ、レッドグローブ、トンプソンを使った。

 

f:id:tom101010:20190513192218j:plain

5月13日のフルーツフルデザート

f:id:tom101010:20190513192301j:plain

5月13日のフルーツフルデザート

 

●万葉歌碑を訪ねて―その75、76―

 

―その75―

 「巻向の桧原も未だ雲いねば小松が末ゆ淡雪流る」

f:id:tom101010:20190513192628j:plain

奈良県桜井市穴師相撲神社境内万葉歌碑(柿本人麻呂

 

 この歌碑は、奈良県桜井市穴師の相撲神社にある。

 相撲神社は、桜井市HP「社寺を巡る」によると、「約2000年前、垂仁天皇のころ、野見宿禰当麻蹴速が、日本最初の勅命天覧相撲を行った。これが日本の国技である相撲のはじまりとされている。」とある。

 巻向付近で、国道169号線がJR万葉まほろば線をまたぐ奈良側の北辻交差点を東に曲がり、1kmほど行ったところにある。道をまたいで大兵主神社の鳥居があり、その手前に道と並行した形で相撲神社の小振りの鳥居がある。社殿はなく、小さな社があるだけである。

f:id:tom101010:20190513192859j:plain

相撲神社の小さな社

f:id:tom101010:20190513193021j:plain

相撲神社のいわれ

 

 歌をみていこう。

  

◆巻向之 檜原毛未雲居者 子松之末由 沫雪流

                (柿本人麻呂 巻十 二三一四)

 

 この歌については、ブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて―その68―で紹介している。

≪書き下し≫巻向の檜原(ひはら)もいまだ雲居(くもい)ねば小松が末(うれ)ゆ沫雪(あわゆき)流る

(訳)巻向の檜原にもまだ雲がかかっていないのに、松の梢からはやもう泡雪が流れてくる。(伊藤 博 著 「万葉集 二」角川ソフィア文庫より)

 

 

 

―その76―

 「あまくもにちかくひかりてなるかみのみればかしこみねばかなしも」

f:id:tom101010:20190513200310j:plain

奈良県桜井市穴師坐兵主神社境内万葉歌碑(作者未詳)

 

 この歌碑は、相撲神社からさらに東に約300mほど行った穴師坐兵主神社(あなしにいますひょうずじんじゃ)境内にある。

f:id:tom101010:20190513200823j:plain

穴師大兵主神社鳥居

 穴師坐兵主神社桜井市観光協会のHP「名所旧跡」によると、「穴師坐兵主神社、穴師大兵主神社、卷向坐若御魂神社の三神合祀の神社で、三社とも式内社に比定されている古社。社記によると、本社は崇神天皇の時代、倭姫命天皇の御膳の守護神として奉祭せられたといいます。 元々、弓月岳にあった穴師坐兵主神社(上社)が、応仁の頃に焼失し、現在地に鎮座していた穴師大兵主神社(下社)に合祀され、同じく巻向山にあった卷向坐若御魂神社も祀されて、現在のような祭祀形態となったと思われます」とある。

f:id:tom101010:20190513200457j:plain

穴師坐兵主神社拝殿

f:id:tom101010:20190513200619j:plain

穴師坐兵主神社境内秋の紅葉は見事だろう


 

 歌をみていこう。

◆天雲 近光而 響神之 見者恐 不見者悲毛

                  (作者未詳 巻七 一三六九)

 

≪書き下し≫天雲(あまくも)に近く光りて鳴る神し見れば畏(かしこ)し見ねば悲しも

(訳)天雲の近くで光って鳴る雷、この雷は、見れば見たで恐ろしいし、見なければ見ないで不安でせつない。(伊藤 博 著 「万葉集 二」角川ソフィア文庫より)

(注)雷:身分の高い男の譬え。

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 二」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉歌碑めぐり」(桜井市HP)

★「社寺を巡る」(桜井市HP)

★「名所旧跡」(桜井市観光協会HP)