万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その1593)―広島県呉市倉橋町 万葉植物公園―万葉集 巻十五 三六二一

●歌は、「我が命を長門の島の小松原幾代を経てか神さびわたる」である。

広島県呉市倉橋町 万葉植物公園万葉歌碑(作者未詳)

●歌碑は、広島県呉市倉橋町 万葉植物公園にある。

 

●歌をみていこう。

 

三六一七から三六二一歌の歌群の題詞は、「安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首」<安芸(あき)の国の長門(ながと)の島にして磯部(いそへ)に舶泊りして作る歌五首>である。

(注)安芸の国:広島県西部。(伊藤脚注)

(注)長門(ながと)の島:呉市の南の倉橋島。(伊藤脚注)<本稿末地図参照>

 

◆和我伊能知乎 奈我刀能之麻能 小松原 伊久与乎倍弖加 可武佐備和多流

       (作者未詳 巻十五 三六二一)

 

≪書き下し≫我(わ)が命(いのち)を長門(ながと)の島の小松原(こまつばら)幾代(いくよ)を経(へ)てか神(かむ)さびわたる

 

(訳)我が命よ、かれと願う、門の島の小松原よ、いったいどれだけの年月を過ごして、このように神々(こうごう)しい姿をし続けているのか。(「万葉集 三」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)わがいのちを【我が命を】[枕]:わが命長かれの意から、「長し」と同音を含む地名「長門(ながと)」にかかる。(weblio辞書 デジタル大辞泉

(注)かみさぶ【神さぶ】自動詞:①神々(こうごう)しくなる。荘厳に見える。②古めかしくなる。古びる。③年を取る。 ※「さぶ」は接尾語。古くは「かむさぶ」。(weblio古語辞典 学研全訳古語辞典)ここでは①の意

 

三六一七から三六二〇歌をみてみよう。

 

◆伊波婆之流 多伎毛登杼呂尓 鳴蝉乃 許恵乎之伎氣婆 京師之於毛保由

       (大石蓑麻呂 巻十五 三六一七)

 

≪書き下し≫石走(いはばし)る滝(たき)もとどろに鳴く蝉(せみ)の声をし聞けば都し思ほゆ

 

(訳)岩に激する滝の轟(とどろ)くばかりに鳴きしきる蝉、その蝉の声を聞くと、都が思い出されてならぬ。(同上)

 

 左注は、「右一首大石蓑麻呂」<右の一首は大石蓑麻呂(おほいしのみのまろ)>である。

 (注)大石簑麻呂 :?-? 奈良時代の官吏。天平(てんぴょう)8年(736)遣新羅(しらぎ)使として新羅(朝鮮)にむかう途中、安芸(あき)(広島県)長門島でよんだ歌1首が「万葉集」巻15におさめられている。のち東大寺写経生として名がみえる。」(コトバンク 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus)

 

 

◆夜麻河泊能 伎欲吉可波世尓 安蘇倍杼母 奈良能美夜故波 和須礼可祢都母

       (作者未詳 巻十五 三六一八)

 

≪書き下し≫山川(やまがは)の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも

 

(訳)山あいの清らかな川瀬で遊んでみても、あの奈良の都は忘れようにも忘れられない。(同上)

(注)奈良の都は忘れかねつも:前歌の結句を承ける。(伊藤脚注)

 

 

◆伊蘇乃麻由 多藝都山河 多延受安良婆 麻多母安比見牟 秋加多麻氣弖

       (作者未詳 巻十五 三六一九)

 

≪書き下し≫礒(いそ)の間(ま)ゆたぎつ山川(やまがは)絶えずあらばまたも相見(あひみ)む秋かたまけて

 

(訳)岸辺の岩のあいだから激しく流れ落ちる山川よ、お前が絶え間なく流れるようにずっと無事でいられたらなら、また重ねて相見(あいまみ)えよう。秋ともなって。(同上)

(注)たぎつ【滾つ・激つ】自動詞:水がわき立ち、激しく流れる。心が激することをたとえていうことも多い。 ※上代には「たきつ」とも。(学研)

(注)前歌の「山川」を承け、都への思いを秋待つ心に絞る。(伊藤脚注)

(注)かたまく【片設く】自動詞:(その時節を)待ち受ける。(その時節に)なる。▽時を表す語とともに用いる。 ※上代語。(学研)

 

 

◆故悲思氣美 奈具左米可祢弖 比具良之能 奈久之麻可氣尓 伊保利須流可母

       (作者未詳 巻十五 三六二〇)

 

≪書き下し≫恋繁(こひしげ)み慰(なぐさ)めかねてひぐらしの鳴く島蔭(しまかげ)に廬(いほ)りするかも

 

(訳)妻恋しさに気を晴らしようもないままに、ひぐらしの鳴くこの島蔭で仮の宿りをしている、われらは。(同上)

(注)前歌の妻恋しさを承け、三六一七歌の「蝉」にも応じている。(伊藤脚注)

 

 そして、伊藤氏は三六二一歌の脚注で、「歌詠の場をほめることで旅の安全を祈り、三六一七以下の全体を結ぶ。」と書いておられる。

 

 この遣新羅使一行は、大使が阿倍継麻呂(あべのつぎまろ)、副使が大伴三中(みなか)で、天平八年六月に難波を出港し、秋には帰る予定であった。

 結局、翌年の天平九年一月に都に帰って来たのであるが、帰路、大使の阿倍継麻呂は対馬で亡くなり副使の大伴三中も病気で帰朝が遅れたという。

 三六一九歌の「秋かたまけて」の秋とは帰朝予定を意味していたのである。

倉橋島」 グーグルマップから引用させていただきました。

 

■自宅⇒呉市倉橋町万葉植物公園

 午前3時過ぎに家を出発、倉橋町の万葉植物公園に到着したのは9時30分であった。途中で仮眠を30分とる。

 万葉植物園公園の入口に巻15-3621の歌碑が建てられている。公園には植物を詠み込んだ歌のプラプレート歌碑がいくつか建てられている。小ぢんまりとした公園である。

ただ、残念なことに雑草がはびこっていたのが悔やまれるところであった。また入口の「万葉植物公園」の説明案内文は判読不能であった。

歌碑と万葉植物公園

万葉植物公園説明案内碑

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 三」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「万葉の人びと」 犬養 孝 著 (新潮文庫

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「weblio辞書 デジタル大辞泉

★「コトバンク 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus」

★「グーグルマップ」