万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その1148)―奈良市春日野町 春日大社神苑萬葉植物園(108)―万葉集 巻八 一四四四

●歌は、「山吹の咲きたる野辺のつほすみれこの春の雨に盛なりけり」である。

 

f:id:tom101010:20210829202249j:plain

奈良市春日野町 春日大社神苑萬葉植物園(108)万葉歌碑<プレート>(高田女王)

●歌碑(プレート)は、奈良市春日野町 春日大社神苑萬葉植物園(108)にある。

 

●歌をみてみよう。

 

◆山振之 咲有野邊乃 都保須美礼 此春之雨尓 盛奈里鶏利

                (高田女王 巻八 一四四四)

 

≪書き下し≫山吹(やまぶき)の咲きたる野辺(のへ)のつほすみれこの春の雨に盛(さか)りなりけり

 

(訳)山吹の咲いている野辺のつぼすみれ、このすみれは、この春の雨にあって、今が真っ盛りだ。(伊藤 博著「万葉集 二」角川ソフィア文庫より)

(注)つぼすみれ【壺菫】名詞:草の名。たちつぼすみれ。 ※「すみれ」を花の形から呼んだものともいう。(weblio古語辞典 学研全訳古語辞典)

 

題詞は、「高田女王歌一首 高安之女也」<高田女王(たかだのおほきみ)が歌一首 高安が女なり>

(注)高田女王は高安王の娘

 

 この歌ならびに「高田女王贈今城王歌六首」(五三七~五四二歌)についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その90改)で紹介している。(初期のブログであるのでタイトル写真には朝食の写真が掲載されていますが、「改」では、朝食の写真ならびに関連記事を削除し、一部改訂しております。ご容赦下さい。)

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 今城王に関しては、ブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1078)」で大伴家持との関係について紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

 歌碑(プレート)に万葉名「つぼすみれ」、現代名「ツボスミレ(ニョイスミレ)」と書かれている。

 

 

f:id:tom101010:20210829202612p:plain

「ツボスミレ(ニョイスミレ) 長野県諏訪郡富士見町HPから引用させていただきました。」

 

 「ツボスミレ(ニョイスミレ)」については、「検索入門 野草図鑑⑤すみれの巻」(長田武正 著/長田喜美子 写真 保育社)に、「湿った草地にはえ多年草。(中略)花は有茎種のスミレの中では最も小さく、長さ9mmほど、白色で紫色のすじがある。(後略)」と書かれている。

 

 「つぼすみれ」を詠んだ歌は、万葉集にはもう一首収録されている。こちらもみてみよう。

 

 題詞は、「大伴の田村家の大嬢、妹坂上大嬢に与ふる歌一首」である。

 

◆茅花抜 淺茅之原乃 都保須美礼 今盛有 吾戀苦波

               (大伴田村大嬢 巻八 一四四九)

 

≪書き下し≫茅花(つばな)抜く浅茅(あさぢ)が原(はら)のつほすみれ今盛(さか)りなり我(あ)が恋ふらくは

 

(訳)茅花を抜き取る浅茅が原に生えているつぼすみれ、そのすみれのように今真っ盛りです。私があなたに恋い焦がれる気持ちは。(同上)

(注)上三句は序。「今盛りなり」を起こす。

(注)つばな【茅花】名詞:ちがやの花。ちがや。つぼみを食用とした。「ちばな」とも。(学研)

(注)つぼすみれ【壺菫】名詞:草の名。たちつぼすみれ。 ※「すみれ」を花の形から呼んだものともいう。(学研)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1013)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

一四四四歌の題詞に、「高田女王は高安王の娘」とあったが、高安王についてみてみよう。

「高安王>大原高安 (おおはらのたかやす)は、「天武天皇の曾孫(そうそん)。川内王の子。はじめ高安王と称した。和銅6年従五位下にすすみ、養老3年伊予守(いよのかみ)のとき按察使(あぜち)を兼任。のち衛門督(かみ)。天平(てんぴょう)11年弟の桜井王らとともに大原真人(まひと)の氏姓をあたえられた。「万葉集」に歌3首がおさめられている。天平14年12月19日死去。とある。(コトバンク 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus)

 

高安王の歌三首をみてみよう。

 

題詞は、「高安王褁鮒贈娘子歌一首  高安王者後賜姓大原真人氏」<高安王(たかやすのおほきみ)、褁(つつ)める鮒(ふな)を娘子(をとめ)に贈る歌一首  高安王は後に姓大原真人の氏を賜はる>である。

 

◆奥弊徃 邊去伊麻夜 為妹 吾漁有 藻臥束鮒

                  (高安王 巻四 六二五)

 

≪書き下し≫沖辺(おきへ)行き辺(へ)を行き今や妹(いも)がため我(わ)が漁(すなど)れる藻臥(もふし)束鮒(つかふな)

 

(訳)沖の方を漕(こ)ぎ岸辺を漕ぎして、たった今、あなたのために私がとってきた、藻の中に潜んでいるちっぽけな鮒です。これは。(「万葉集 一」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)すなどる【漁る】他動詞:漁をする。魚貝をとる。(学研)

(注)もふしつかふな【藻臥束鮒】〘名〙 (「もぶしつかぶな」とも。「つか」は一束で手でつかんだほどの長さ) 藻の中に潜んでいる小鮒。もふしおぶな。(コトバンク 精選版 日本国語大辞典

 

 

題詞は、「高安歌一首」<高安が歌一首>である。

 

◆暇無 五月乎尚尓 吾妹兒我 花橘乎 不見可将過

                  (高安王 巻八 一五〇四)

 

≪書き下し≫暇(いとま)なみ五月(さつき)をすらに我妹子(わぎもこ)が花橘(はなたちばな)を見ずか過ぎなむ

 

(訳)暇(ひま)がないので、橘を賞(め)でるのに一番よい五月だというのに、あの子の家の花橘をついに見ないで終わってしまうのであろうか。(「万葉集 二」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)すらに 分類連語:…でさえも。▽「すら」を強めた語。 ⇒なりたち 副助詞「すら」+間投助詞「に」(学研)

 

三九四三から三九五五歌の標題は、「八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌」<八月の七日の夜に、集于守(かみ)大伴宿禰家持が舘(たち)に集(つど)ひて宴(うたげ)する歌>である。

三九五二歌の題詞は、「古歌一首 大原高安真人作 年月不審 但随聞時記載茲焉」<古歌一首 大原高安真人作る 年月審らかにあらず。ただし、聞きし時のまにまに、ここに記載す>である。

 

◆伊毛我伊敝尓 伊久里能母里乃 藤花 伊麻許牟春母 都祢加久之見牟

               (大原高安真人 巻十七 三九五二)

 

≪書き下し≫妹(いも)が家に伊久里(いくり)の社(もり)の藤(ふぢ)の花今来む春も常(つね)かくし見む

 

(訳)いとしい子の家にいくという、ここ伊久里の森の藤の花、この美しい花を、まためぐり来る春にはいつもこのようにして賞(め)でよう。(「万葉集 四」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

(注)妹家に(読み)いもがいえに 枕詞: 妹が家に行くという意で、「行く」と同音を含む地名「伊久里(いくり)」にかかる。(コトバンク 精選版 日本国語大辞典

(注)伊久里:富山県砺波市井栗谷か。

 

左注は、「右一首傳誦僧玄勝是也」<右の一首、伝誦(でんしよう)するは僧玄勝(げんしよう)ぞ。>である。

 

 この前の三九五一歌が、「をみなえし」と秋の歌を詠ったので、春の花(藤)を詠った古歌(大原高安真人作)を持ち出したものである。

 

 この「八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌」についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その844)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 三」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「植物で見る万葉の世界」 國學院大學 萬葉の花の会 著 (同会 事務局)

★「検索入門 野草図鑑⑤すみれの巻」 長田武正 著/長田喜美子 写真 (保育社

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「コトバンク 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus」

★「コトバンク 精選版 日本国語大辞典

★「長野県諏訪郡富士見町HP」