万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

2019-06-25から1日間の記事一覧

大伴家持の女性遍歴は有名であるが、初恋の坂上大嬢(坂上郎女の娘)と結婚したのである(万葉歌碑を訪ねて―その120―)

●大伴家持が、最初に恋に落ちたのは、叔母坂上郎女の娘坂上大嬢(おおいらつめ)である。これが初恋である。家持十五,六歳の頃か。巻四に、家持が最初に歌を取り交わした女性として坂上大嬢が現れる。ただ、家持との年の差を考えれば大嬢は八,九才であり、…