万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その1820)―愛媛県西予市 三滝公園万葉の道(32)―万葉集 巻十七 三九二一

●歌は、「かきつはた衣の摺り付けますらをの着襲ひ猟する月は来にけり」である。

愛媛県西予市 三滝公園万葉の道(32)万葉歌碑(大伴家持

●歌碑は、愛媛県西予市 三滝公園万葉の道(32)にある。

 

●歌をみてみよう。

 

三九一六から三九二一歌の歌群の題詞は、「十六年四月五日獨居平城故宅作歌六首」<十六年の四月の五日に、独り平城(なら)の故宅(こたく)に居(を)りて作る歌六首>である。

 

◆加吉都播多 衣尓須里都氣 麻須良雄乃 服曽比獦須流 月者伎尓家里

      (大伴家持 巻十七 三九二一)

 

≪書き下し≫かきつはた衣(きぬ)に摺(す)り付けますらをの着(き)襲(そ)ひ猟(かり)する月は来にけり

 

(訳)杜若(かきつばた)、その花を着物に摺り付け染め、ますらおたちが着飾って薬猟(くすりがり)をする月は、今ここにやってきた。(伊藤 博 著 「万葉集 四」 角川ソフィア文庫より)

(注)きそふ【着襲ふ】他動詞:衣服を重ねて着る。(weblio古語辞典 学研全訳古語辞典)

 

歌群の左注は、「右六首天平十六年四月五日獨居於平城故郷舊宅大伴宿祢家持作」<右の六首の歌は、天平十六年の四月の五日に、独り平城(なら)故郷(こきゃう)の旧宅(きうたく)に居(を)りて、大伴宿禰家持作る。>である。

(注)天平十六年:744年

 

 題詞、左注の「独り平城(なら)に居り」、「平城(なら)故郷(こきゃう)の旧宅(きうたく)」から、安積親王の喪に服していたと考えられるのである。家持は、天平十年から十六年、内舎人(うどねり)であった。

(注)うどねり【内舎人】名詞:律令制で、「中務省(なかつかさしやう)」に属し、帯刀して、内裏(だいり)の警護・雑役、行幸の警護にあたる職。また、その人。「うとねり」とも。 ※「うちとねり」の変化した語。(学研)                           

 

 

 「かきつばた」を詠んだ歌は六首収録されている。これらについてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1322)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 題詞「十六年甲申春二月安積皇子薨之時内舎人大伴宿祢家持作歌六首」<十六年甲申(きのえさる)の春の二月に、安積皇子(あさかのみこ)の薨(こう)ぜし時に、内舎人(うどねり)大伴宿祢家持が作る歌六首>は、長歌(四七五歌)と反歌(四七六、四七七歌)の左注に「右三首二月三日作歌」<右の三首は、二月の三日に作る歌>とあり、続く長歌(四七八歌)と反歌(四七九、四八〇歌)の左注は、「右三首三月廿四日作歌」<右の三首は、三月の二十四日に作る歌>である。

 これらの歌は、ブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その183改)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 大伴家持内舎人時代の最大の出来事として、中西 進氏は、その著「古代史で楽しむ 万葉集」(角川ソフィア文庫)の中で、「やはり、安積皇子の死であった。」と書かれ、「反藤原の希望の星だった皇子が仲麻呂によって暗殺されたのである。家持は六首の挽歌によってその若き逝去を悲し」んでいる。「あしひきの 山さへ光り 咲く花の 散りぬるごとき わが大君かも(巻三、四七七)はその反歌の一首である。皇子を山までも照らす花と見て、その落花を悲しむ。」と書かれている。

 

 

 安積親王についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1004)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

 安積親王の位置づけや藤原仲麻呂の政権的地位の確立等については、聖武天皇のただ一人の皇子の安積親王でなく皇太子として立てられたのは光明皇后の生んだ阿倍内親王であったことなどについて、「コトバンク 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版」の「孝謙天皇」の項に、次のように分かりやすく書かれているので一部引用させていただきます。

孝謙天皇 生年:養老二年(718年)~没年:宝亀元年(770年) ・・・古代最後の女帝。2度即位した。・・・2度目は称徳天皇・・・。名前は阿倍。高野天皇とも呼ばれる。聖武天皇光明皇后の唯一の娘。天平十年(738年)21歳で立太子。初の女性皇太子であるが異母弟に安積親王が存在、そのため十六年の彼の急死までその地位は不安定であった。天平勝宝元年(749年)聖武の譲位により32歳で即位。その治世は皇太后となった母光明子に後見され、皇太后のために新たに紫微中台が設置された。またその長官には皇太后の甥藤原仲麻呂が任じられた。四年大仏開眼天平文化は盛時を迎えるが、政界では皇太后をバックとする仲麻呂の勢力が急速に拡大、太政官をしのぐほどになった。八年聖武上皇死去。未婚の天皇の後継者問題を心配した聖武は、遺言で道祖王を皇太子に指名した。しかし翌年前左大臣橘諸兄もなくなると道祖王は廃され、代わって仲麻呂が後見する大炊王が皇太子となる。こうした動きに不満を持つ貴族たちは七月橘奈良麻呂を中心にクーデタを企てるが発覚、多数が殺された。翌天平宝字二年(758年)孝謙退位。しかし即位した大炊王(淳仁天皇)は仲麻呂の傀儡であり、権力は仲麻呂(恵美押勝)、皇太后上皇が握っていた。・・・」

 

孝謙天皇称徳天皇 高野陵(20210528撮影)

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 四」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「別冊國文學 万葉集必携」 稲岡耕二 編 (學燈社

★「古代史で楽しむ 万葉集」 中西 進 著 (角川ソフィア文庫

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「コトバンク 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版」

★「三滝自然公園 万葉の道」 (せいよ城川観光協会