万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その196)―京都府城陽市寺田 正道官衙遺跡公園 №1―

●歌は、「昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花君のみ見めや戯奴さへに見よ」である。

 

f:id:tom101010:20190914203831j:plain

正道官衙衙遺跡公園万葉歌碑(1:紀女郎)

●歌碑は、「京都府城陽市寺田 正道官衙遺跡公園」にある。

 

f:id:tom101010:20190914204217j:plain

「史蹟 正道官衙遺跡」の碑

 

 「城陽市の万葉歌碑」で検索してみると、「城陽市の万葉歌碑の画像検索結果」に「正道官衙遺跡公園の万葉歌碑」が写真に出ている。

 京都府城陽市観光協会HPによると、正道官衙遺跡(しょうどうかんがいせき)〔国指定史跡〕について、次のように記されている。

「大規模な掘立柱建物(ほったてばしらたてもの)を中心に、整然と配置された掘立柱建物群がみつかりました。出土した土器から、これらの建物群は奈良時代のものと考えられ、城陽市一帯に置かれた「久世郡」の郡衙(ぐんが)(役所)跡と推定されています。西側には、飛鳥時代掘立柱建物群がみつかっており、奈良時代郡衙に先立つ建物群と考えられています。また東側には、寺(正道廃寺)の存在も推定されています。

この他には、5世紀前半の小規模な方墳群や6世紀末から8世紀にかけての竪穴住居群もみつかっています。

〈見学〉

JR奈良線城陽駅」から北東へ徒歩約10分。

遺跡公園として、遺構の一部が復元されています。」

 

f:id:tom101010:20190914204437j:plain

正道官衙遺跡公園の復元建物(柱にみ)

 遺跡公園には、万葉植物にちなんだ歌碑が30碑あり、「古代城陽を詠んだ万葉歌」という碑もあることがわかった。

 

●歌をみていこう。

 

◆晝者咲 夜者戀宿 合歡木花 君耳将見哉 和氣佐倍尓見代

                (紀女郎 巻八 一四六一)

 

≪書き下し≫昼は咲き夜(よる)は恋ひ寝(ね)る合歓木(ねぶ)の花君のみ見めや戯奴(さへ)に見よ。

 

(訳)昼は花開き、夜は葉を閉じ人に焦がれて眠るという、ねむの花ですよ。そんな花を主人の私だけが見てよいものか。そなたもご覧。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

 

 題詞は、「紀女郎贈大伴宿祢家持歌二首」<紀女郎(きのいらつめ)、大伴宿禰家持に贈る歌二首>である。

 

 もう一首もみておこう。

◆戯奴<變云和氣>之為 吾手母須麻尓 春野尓 抜流茅花曽 御食而肥座

               (紀女郎 巻八 一四六〇)

 

≪書き下し≫戯奴(わけ)<変して「わけ」といふ>がため我が手もすまに春の野の抜ける茅花(つばな)ぞ食(め)して肥(こ)えませ

 

(訳)そなたのために、私が手も休めずに春の野で抜き採った茅花(つばな)ですよ、これは。食(め)し上がってお太りなさいませよ。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

(注)わけ【戯奴】代名詞: ①私め。▽自称の人称代名詞。卑下の意を表す。②おまえ。▽対称の人称代名詞。目下の者にいう。 ここでは②の意味。

(注)つばな【茅花】:ちがやの花。ちがや。つぼみを食用とした。「ちばな」とも。

 

 左注は、「右折攀合歡花幷茅花贈也」<右は、合歓(ねぶ)の花と茅花(つばな)とを攀(よ)ぢて贈る>とある。

 

 この、紀女郎の歌に対して、家持は次の二首を贈っている。

題詞は、「大伴家持贈和歌二首」<大伴家持、贈り和(こた)ふる歌二首>である。

 

◆吾君尓 戯奴者戀良思 給有 茅花乎雖喫 弥痩尓夜須

              (大伴家持 巻八 一四六二)

 

≪書き下し≫我が君に 戯奴(わけ)は恋ふらし賜(たば)りたる茅花(つばな)を食(は)めどいや痩(や)せに痩す

 

(訳)ご主人様に、この私めは恋い焦がれているようでございます。頂戴した茅花をいくら食べても、ますます痩せるばかりです。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

 

◆吾妹子之 形見合歡木者 花耳尓 咲而蓋 實尓不成鴨

               (大伴家持 巻八 一四六三)

 

≪書き下し≫我妹子(わぎもこ)が形見(かたみ)の合歡木(ねぶ)は花のみ咲きてけだしく実にならじかも

 

(訳)あなたが下さった形見のねむは、花だけ咲いて、たぶん実を結ばないのではありますまいか。(伊藤 博 著 「万葉集 二」 角川ソフィア文庫より)

(注)けだし【蓋し】副詞:①〔下に疑問の語を伴って〕ひょっとすると。あるいは。

②〔下に仮定の表現を伴って〕もしかして。万一。

③おおかた。多分。大体。

(注)「実にならじ」は交合が実らないことのたとえ。

 

 一四六二歌の「君」についてであるが、万葉では、「君」は一般的には相手に対する敬称で、女から男を呼ぶ場合に用いられている。男である大伴家持が女である紀女郎を明らかに「君」と呼んでいる。これは、一四六〇歌で、紀女郎が戯れて、「戯奴」と呼んだ歌への答え歌である。すなわち、女郎がわざと家持を卑しんで呼んだことを受けて、逆に、家持は、「我が君」と敬意を込めてウイットに富んだ言い方で切り返しているのである。

 

 実際には、どのようなシチュエーションでやり取りされたのかはわからないが、読みようによっては、衣の下の鎧どころではない。しかし、衣と言うバッファーがかなり効いているのも事実である。年上の紀女郎の直球勝負と家持の変化球勝負の面白さである。

f:id:tom101010:20190914204724j:plain

奈良時代の郡司をモチーフにしたキャラクター


 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 二」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫

★「萬葉集相聞の世界」 伊藤 博 著 (塙書房

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「京都府城陽市観光協会HP」

 

●本日のザ・モーニングセット&フルーツフルデザート

 サンドイッチは、サニーレタス、トマトそして焼き豚である。。三角形に切りお皿に盛り付けた。デザートは、バナナのカットとブドウのカットを交互に組み合わせた。干しぶどうはアクセントに使った。

f:id:tom101010:20190914204924j:plain

9月14日のザ・モーニングセット

f:id:tom101010:20190914204959j:plain

9月14日のフルーツフルデザート