万葉集の歌碑めぐり

万葉歌碑をめぐり、歌の背景等を可能な限り時間的空間的に探索し、万葉集の万葉集たる所以に迫っていきたい!

万葉歌碑を訪ねて(その1785)―橿原市南浦町 天香山神社―万葉集巻十 一八一二

●歌は、「ひさかたの天の香具山この夕霞たなびく春立つらしも」である。

橿原市南浦町 天香山神社万葉歌碑(柿本人麻呂歌集)

●歌碑は、橿原市南浦町 天香山神社にある。

 

●歌をみていこう。

 

部立は「春雜歌」、巻十の巻頭歌である。

 

◆久方之 天芳山 此夕 霞霏▼ 春立下

       (柿本人麻呂歌集 巻十 一八一二)

※ ▼は、「雨かんむり+微」である。「霏▼」で「たなびく」と読む。

 

≪書き下し≫ひさかたの天(あめ)の香具山(かぐやま)この夕(ゆうへ)霞(かすみ)たなびく春立つらしも                           

 

(訳)ひさかたの天の香具山に、この夕べ、霞がたなびいている。まさしく春になったらしい。(「万葉集 二」 伊藤 博 著 角川ソフィア文庫より)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その73改)」で紹介している。(初期のブログであるのでタイトル写真には朝食の写真が掲載されていますが、「改」では、朝食の写真ならびに関連記事を削除し、一部改訂いたしております。ご容赦下さい。)

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

歌の解説案内板

 巻頭歌群(一八一二から一八一八歌)についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その73改)」でふれているが、改めてみてみよう。

 

■一八一三歌■

◆巻向之 檜原丹立流 春霞 欝之思者 名積米八方

       (柿本人麻呂歌集 巻十 一一二四)

 

≪書き下し≫巻向(まきむく)の檜原(ひはら)に立てる春霞(はるかすみ)おほにし思はばなづみ來(こ)めやも

 

(訳)この巻向の檜原にぼんやりと立ち込めている春霞、その春霞のように、この地をなおざりに思うのであったら、何で歩きにくい道をこんなに苦労してまでやって来るものか。(同上)

(注)上三句は序。「おほに」を起こす。

(注)おほなり【凡なり】形容動詞:①いい加減だ。おろそかだ。②ひととおりだ。平凡だ。※「おぼなり」とも。上代語。(学研)

(注)なづむ【泥む】自動詞:①行き悩む。停滞する。②悩み苦しむ。③こだわる。気にする。(学研)

(注)めやも 分類連語:…だろうか、いや…ではないなあ。 ⇒なりたち:推量の助動詞「む」の已然形+反語の係助詞「や」+終助詞「も」(学研)

 

 

■一八一四歌■

◆古 人之殖兼 杉枝 霞霏▼ 春者来良之

     (柿本人麻呂歌集 巻十 一八一四)

   ※ ▼は、「雨かんむり+微」である。「霏▼」で「たなびく」と読む。

 

≪書き下し≫いにしへの人の植ゑけむ杉が枝に霞(かすみ)たなびく春は来(き)ぬらし

 

(訳)遠く古い世の人が植えて育てたという、この杉木立の枝に霞がたなびいている。たしかにもう春はやってきたらしい。(同上)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その693)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

■一八一五歌■

◆一八一五 子等我手乎 巻向山丹 春去者 木葉凌而 霞霏▼

   ※ ▼は、「雨かんむり+微」である。「霏▼」で「たなびく」と読む。

       (柿本人麻呂歌集 巻十 一八一五)

 

≪書き下し≫子らが手を巻向山(まきむくやま)に春されば木(こ)の葉しのぎて霞たなびく

 

(訳)あの子の手をまくという名の巻向山、その山に春がやって来たので、木々の葉を押し伏せるようにして霞がたなびいている・(同上)

(注)こらがてを【児等が手を】:[枕]妻や恋人の腕を巻く(=枕にする)の意から、「巻く」と同音の部分を含む地名「巻向山(まきむくやま)」にかかる。(weblio辞書 デジタル大辞泉

 

 

■一八一六歌■

◆玉蜻 夕去来者 佐豆人之 弓月我高荷 霞霏▼

      (柿本人麻呂歌集 巻十 一八一六)

※ ▼は、「雨かんむり+微」である。「霏▼」で「たなびく」と読む。

 

≪書き下し≫玉かぎる夕(ゆふ)さり来(く)ればさつ人(ひと)の弓月が岳に霞たなびく

 

(訳)玉がほのかに輝くような薄明りの夕暮れになると、猟人(さつひと)の弓、その弓の名を負う弓月が岳に、いっぱい霞がたなびいている。(同上)

(注)たまかぎる【玉かぎる】分類枕詞:玉が淡い光を放つところから、「ほのか」「夕」「日」「はろか」などにかかる。また、「磐垣淵(いはかきふち)」にかかるが、かかり方未詳。(学研)

(注)さつひとの【猟人の】分類枕詞:猟師が弓を持つことから「弓」の同音を含む地名「ゆつき」にかかる。「さつひとの弓月(ゆつき)が嶽(たけ)」 ※「さつひと」は猟師の意。(学研)

 

 この歌についてはブログ拙稿「万葉歌碑を訪ねて(その1186)」で紹介している。

 ➡ 

tom101010.hatenablog.com

 

 

■一八一七歌■

◆今朝去而 明日香来る牟等 云子鹿丹 旦妻山丹 霞霏微

       (柿本人麻呂歌集 巻十 一八一七)

 

≪書き下し≫今朝(けさ)行(ゆ)きて明日(あす)には来(こ)ねと言ひし子か朝妻山(あさづまやま)に霞たなびく

 

(訳)今朝はひとまずお帰りになっても、今夜はまたきっと来て下さいと言ったあの子ででもあるのか、その朝妻の山に霞がたなびいている。(同上)

(注)明日:今夜の意。日没から一日が始まるという考えによる。

(注)朝妻山:奈良県御所市、金剛山の東麓。(伊藤脚注)

 

 

■一八一八歌■

◆子等名丹 關之宣 朝妻之 片山木之尓 霞多奈引

       (柿本人麻呂歌集 巻十 一八一八)

 

≪書き下し≫子らが名に懸(か)けのよろしき朝妻(あさづま)の片山崖(かたやまきし)に霞たなびく

 

(訳)あの子の名に懸けて呼ぶにふさわしい朝妻山の、その片山の崖に霞がたなびいている。

(注)片山崖:平野部の方にだけ傾斜面を持つ端山。(伊藤脚注)

 

 左注は、「右柿本朝臣人麻呂歌集出」である。

 

 一八一五歌の巻向山については次の様に書かれている。

「まきむくやま【巻向山】:奈良県桜井市の北部,三輪山の北東にある山。標高567m。〈纏向山〉とも書く。2峰からなり,《万葉集》に詠まれる弓月ヶ嶽(ゆつきがたけ)(由槻ヶ嶽)はこの一峰にあてられる。またこの付近の山を含めて巻向山とよぶ。西麓は垂仁天皇の纏向珠城(たまき)宮,景行天皇の纏向日代(ひしろ)宮が置かれたと推定される地。付近には山辺(やまのべ)の道が通り,巻向山に発し南西流して初瀬(はせ)川に注ぐ巻向川とともに古来,歌に詠まれている。」(コトバンク 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版)

 

 天の香具山の歌碑を訪ねたあと、山沿いの道を天香山神社へと向かう。途中、二上山が遠望できた。白い雲波を下に漂わせ、高山の連峰の雰囲気である。

二上山遠望

 やがて鳥居が見えて来る。以前来た時と変わっていない。時が止まっているような感じである。人の姿も見えない。

天香山神社拝殿

 歌碑を撮影し、社殿に向かい深々と頭を下げる。

 神々しさに包まれる。

境内

 鳥居から出ると現実に戻った感が。山道を急ぐ。駐車場の側の畑の蓮の実も撮影。

蓮畑

 次の目的地古池に向かう。

 

 

 

 

(参考文献)

★「萬葉集」 鶴 久・森山 隆 編 (桜楓社)

★「万葉集 二」 伊藤 博 著 (角川ソフィア文庫)

★「weblio古語辞典 学研全訳古語辞典」

★「weblio辞書 デジタル大辞泉